ターン

イントロダクション

ストーリー

キャスト

スタッフ

牧瀬×勘太郎(対談)

予告編

リンク

私たちがお勧めします

スタッフ

静かな映画を作ろうと思った


1950年9月18日福岡県北九州市生まれ。73年に日本大学芸術学部放送学科を卒業。長谷川和彦、加藤泰、藤田敏八監督らの助監督を務める。90年に『マリアの胃袋』で監督デビュー。92年に『ザ・中学教師』で日本映画監督協会新人賞を受賞。94年には〈J・MOVIE・WARS〉の『よい子と遊ぼう』で民間放送連盟優秀賞を受賞。そして、95年に手掛けた『学校の怪談』が大ヒットとなり人気シリーズへと発展、続編と4作目を担当した。98年には『愛を乞うひと』で国内の映画賞を総なめにし、モントリオール世界映画祭では国際批評家連盟賞を獲得した。

フィルモグラフィ
1990 マリアの胃袋
1992 ザ・中学教師
日本映画監督協会新人賞
1993 人間交差点・雨
1994 よい子と遊ぼう
民間放送連盟優秀賞
1995 学校の怪談
1996 学校の怪談2
1997 虚無への供物
(NHK・BS2/TVドラマ)
1998 愛を乞うひと
毎日映画コンクール 日本映画大賞/監督賞
日本アカデミー賞 最優秀作品賞/最優秀監督賞
文化庁優秀映画作品賞
キネマ旬報賞 日本映画監督賞/ベストテン第2位
日刊スポーツ映画大賞 作品賞/監督賞
優秀映画鑑賞会ベストテン第1位
日本映画ペンクラブ ベスト5第1位
山路ふみ子賞 映画賞
 
1999 学校の怪談4
 
 
2000 ターン
プチョン国際ファンタスティック映画祭 最優秀監督賞
2002 笑う蛙
(原作「虜」藤田宜永・著)公開予定

▲TOPへ




1949年埼玉県生まれ。早稲田大学第一文学部在学中はワセダ・ミステリ・クラブに所属。卒業後は埼玉県立高校で国語を教える。教職との兼業のため“覆面作家”として、89年に“円紫さんと私”シリーズ「空飛ぶ馬」でデビュー。91年に同シリーズ第2作「夜の蝉」で日本推理作家協会賞受賞。93年より専業作家。「ターン」は、「スキップ」に続く“時と人”三部作の2作目として97年に発表した。2001年に“時と人”三部作3作目「リセット」が発売された。


ビブリオグラフィ

1989 空飛ぶ馬(創元推理文庫/円紫さんと私シリーズ)
1990 夜の蝉(創元推理文庫/円紫さんと私シリーズ)
1991 秋の花(創元推理文庫/円紫さんと私シリーズ)   
覆面作家は二人いる(角川文庫/覆面作家シリーズ)
1992 六の宮の姫君(創元推理文庫/円紫さんと私シリーズ)
1993 冬のオペラ(中公文庫)
1994 水に眠る(文春文庫)
1995 スキップ(新潮文庫/時と人三部作)
覆面作家の愛の歌(角川文庫/覆面作家シリーズ)
1996 謎物語/あるいは物語の謎(中公文庫)
1997 覆面作家の夢の家(角川文庫/覆面作家シリーズ)
ターン(新潮文庫/時と人三部作)
1998 朝霧(東京創元社/円紫さんと私シリーズ)
 
1999 月の砂漠をさばさばと(新潮社)
盤上の敵(新潮社)
2002 リセット(新潮社/時と人三部作)

▲TOPへ



1951年福岡県福岡市生まれ。70年に上智大学国際学部入学、在学中に全日空に合格しスチュワーデスになる。77年に留学のためスチュワーデスを退職、ハワイ大学入学。帰国後すぐに外人モデルエージェンシーを始め、82年に株式会社牧山事務所を設立し時代の象徴となる数多くのモデルを輩出。87年に日本人モデルの育成と発展を目指し、ニューヨークのモデルエージェンシー”エリート“と提携、エリート・フォリオを設立、モデルのプロデュースと共に、俳優のマネージメントも手がけ、有名女優も育てる。94年にマネージメント・企画管理会社、株式会社ブルーミングエージェンシー設立。95年モデルエージェンシー、株式会社ブラァパ設立。99年に映像、ステージ、出版などエンタテインメント業務をインターナショナルに活動できる場として株式会社バンブーピクチャーズ設立。女性ならではの作品づくりに励んでいる。本作は心をテーマにしたバンブー第一回作品になる。
▲TOPへ



1951年12月13日横浜生まれ。3歳からピアノを習う。68〜70年、ゴールデン・カップス参加、“長い髪の少女”等ヒットを出す。グループ脱退後、71年アメリカ・バークリー音楽学院に入学、74年卒業。同期にジョン・スコフィールドらアメリカのミュージックシーンの第一線で活躍するミュージシャン多数。76年リーダーとしてゴダイゴを結成、活躍。キーボード奏者、また作・編曲者として活躍。数多くの映画音楽、CMソングを手掛け、ヒット曲多数。日本レコード大賞特別賞等数々賞を受賞。その間、アメリカ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、中国、ネパール、香港などの海外公演も行う。85年ゴダイゴ解散。86年パン・スクール・オブ・ミュージック開校、92年迄校長を務める。94年ゴダイゴの商標登録を14年ぶりに取り戻す。日本コロムビアよりソロとしてシングル“RETURN TO CHINA”、アルバム“IN THE BOOK OF HEAVEN”を発表。95年、戦後50年・長崎平和コンサートをプロデュース。中国・大連人民政府に招かれ“RETURN TO CHINA”を初演、中国全土に生放送される。96年GODiEGOレーベルより“ゴダイゴ記”を発表。99年には14年ぶりにオリジナルメンバーによるゴダイゴを再結成、全国ツアーを展開した。現在はCM音楽制作、音楽プロデュース、コンサートプロデュースで活躍。
▲TOPへ



1951年4月広島県生まれ。77年に早稲田大学仏文科卒業後、日活撮影所演出部に入社。80年代前半は助監督、脚本家として活躍。85年に『イヴの濡れていく』で監督デビュー。同年フリーとなり、映画、テレビドラマ、ビデオなどで活躍。監督・脚本作に『ウェルター』(87)、『BU・RA・Iの女』(88)、『ひぃ・ふぅ・みぃ』(88)、『STAY GOLD』(88)、『真夏の地球』(91)、『さわこの恋/1000マイルも離れて』(94)など。脚本作にテレビシリーズ『世にも奇妙な物語』、小沼勝監督作『NAGISAなぎさ』(00)、鶴田法男監督作『案山子KAKASHI』(01)などがある。
▲TOPへ



1950年3月生まれ。84年に鈴木清順監督作『カポネ大いに泣く』で撮影監督デビュー。以降、崔洋一監督作『月はどっちに出ている』(93)でヨコハマ映画祭撮影賞、坂東玉三郎監督作『天守物語』(94)で日本映画技術特別賞、中原俊監督作『Lie. Lie. Lie.』(97)で毎日映画コンクール撮影賞、手塚真監督作『白痴』(98)でカメリマージュ映画祭シルバーフロッグ賞などを受賞している。その他の作品に、原田眞人監督作『さらば愛しき人よ』(87)、『狗神』(01)、中原俊監督作『櫻の園』(90)、鈴木清順監督作『夢二』(90)、渡邊孝好監督作『居酒屋ゆうれい』(94)、篠原哲雄監督作『はつ恋』(99)など多数あり。
▲TOPへ



1954年2月4日京都府生まれ。79年に同志社大学文学部を卒業後、にっかつ入社。81年に美術監督第一回作品を担当。88年からフリー。94年には平山監督作『学校の怪談』を手掛けており、以降は『学校の怪談2』(96)、『愛を乞うひと』(97)、『学校の怪談4』(98)と4作で組んでいる。主な作品に、神山征二郎監督作『日本フィルハーモニー物語/炎の第五楽章』(81)、根岸吉太郎監督作『狂った果実』(81)、『乳房』(93)、森田芳光監督作『太く愛して深く愛して』(82)、『家族ゲーム』(83)、『ときめきに死す』(83)、『メイン・テーマ』(84)、『そろばんずく』(86)、『悲しい色やねん』(88)、中原俊監督作『メイクアップ』(85)、滝田洋二郎監督作『木村家の人々』(88)、『病院へ行こう』(90)、渡邊孝好監督作『ボクが病気になった理由』(90)、竹中直人監督作『東京日和』(97)、井筒和幸監督作『のど自慢』(97)、藤由紀夫監督作『ムルデカ17805』(01)など多数あり。
▲TOPへ