ターン

イントロダクション

ストーリー

キャスト

スタッフ

牧瀬×勘太郎(対談)

予告編

リンク

私たちがお勧めします

プロダクションノート

中村勘太郎

里穂―
勘太郎さんの舞台は何度か拝見しているんですけど、こうして一緒の作品に出演するのは初めてですね。
勘太郎― 牧瀬さんとはじめてお話したのが10才ぐらいの時、確か楽屋だったと思います。その時はまさか一緒にお仕事をすることになるなんて思ってもいなかったので、この映画に出演が決まって、すごく緊張しました。
里穂― 私は、勘太郎君が女形を演じるときに拝見することが多かったので、映画でご一緒することになって久しぶりにお会いしたとき、「あ、けっこうちゃんとした“男”なんだ(笑)」って思いました。
勘太郎― 僕は、女優さんとお仕事させていただくのは、渡辺えり子さんが初めてで、牧瀬さんは2人目になるんですけど、もう緊張しっぱなしでした。
里穂― でも、ほとんど一緒の撮影シーンは無かったよね。
勘太郎― 面と向かってしゃべるとこが無くて、ホントよかったです。電話だけだったので。でも、それでもすごく緊張しちゃって・・・


平山組・・・その静かな現場

 里穂―
映画は初めてでしたっけ?
勘太郎― はい。でも僕、映像嫌いだったんです。
里穂― えっ!? なんで? なんで?
勘太郎― なんか、しょうに合わないというか、撮られるのが好きじゃなくて。見るのはホント好きで、8ミリやVTR回すのもすごく好きなんですけど・・・。でも今回出てみたら、楽しくて、もっとやりたくなりました。欲がすごい!と自分でも思います。
里穂― 映画って最初の現場で決まるっていうから、穏やかで優しい平山監督の現場で良かったですね。
勘太郎― 僕、もうまんまと好きになってしまった!という感じです。でもスタッフの方に「勘ちゃん、映画はこんなに優しい現場じゃないよ、ここは特別だよ!」って言われました。
里穂― 私は平山監督とはこの作品が最初のお仕事だったんだけど、やりやすかったです。怒鳴ったりする監督だったら、テンションを維持するのが難しかったと思います。
勘太郎― 僕、監督と初めて会ったときのことを鮮明に覚えてるんですけど・・・表参道の会議室?はい! 平山監督って名前は知っていましたが、顔は拝見したことがなかったんです。関係者がずらーっと並んでいる中にスーツ着た人が入ってきて、皆が一斉に立って挨拶したので、なんだか堅そうなおじさんだなあ、作品の印象とずいぶん違うなあ・・・と思っていたんです。そしたらGジャン着てバンダナ巻いた人が「平山です」って挨拶したので、あ〜良かった!と安心しました。












里穂― 私、勘太郎さんが現場の空気に馴染むのがすごく早いと、関心しました。
勘太郎― 監督がすごく話し合ってくれて、演じたことについて、違うトコは違うと明確に言ってくれるし、面白かったトコは面白いって言ってくれる。それが僕にとって、とても良かったと思います。
里穂― 私はコミュニケーションをとるのが下手なんだけど、今回は、結構自分から質問しました。演じる前に監督から「こうしよう」というのはなくて、取り敢えずやってみて、それから色々意見を交換するっという感じでした。
勘太郎― 僕、自分の出てるシーンを見るのすごく苦手です。恥ずかしくて、緊張しちゃって・・・
里穂― 私も苦手です。
勘太郎― え〜! そうなんですか?
里穂― 最初の撮影ってどうでした?
勘太郎― カチン! と鳴った時、これ冗談じゃなくて、地下鉄から上がって店に入るシーンだったんですけど、手と足が一緒に出そうになりました。もうカチンカチンで。
里穂― わかるわかる! 私も初めての撮影はすごく緊張しましたよ。
▲TOPへ


もし本当にTurnしたら??

里穂―

原作は二人称で語られる不思議な世界ですよね。最初に読まれたとき、どんな風に感じました?





勘太郎― 僕、面白くて、1時間ぐらいで読んでしまいました。
里穂―
私は1回目に読んだときは難しいなと思いました。状況が理解できなくて。物語の言いたいことより、設定を理解するのに時間が掛かってしまって。でも、何度も読み返すうちに真希と洋平の心のコミュニケーションが、自分の心に飛び込んできました。最近、世の中では恐ろしい事件が多発していますが、そんな中で、この映画は何か心をホッとさせてくれるような、温かい、イイ作品だと感じました。
勘太郎― 確かに、そうですね。話は変わりますが、僕、洋平と共通する部分が多すぎて、演じるのがすごく難しかったです。実際の僕・波野雅行(本名)とけっこうミックスされちゃったかナ、普通であればいいんだけど、その普通にやるのが難しいですね。
里穂― どこが似ているの?
勘太郎― 馬鹿なとこ!
里穂― (笑い)
勘太郎― だって、僕、電話をかけてきたのが女の子だったから切らないでおいたけど、男からだったら確実に切ってたと思う。それは波野雅行も洋平も一緒!
里穂― なんだか出会いを待っている男の子みたいですね。
勘太郎― そうサミシイんです。
里穂― ところで、勘太郎くんがターンしたらどうする?
勘太郎― 僕、気イ狂っていると思う。
里穂― まず電話かけまくる?
勘太郎― はい! かけて、かけて、かけまくる! 寂しがり屋なので死んじゃう!自殺するかも。
里穂― でも自殺してもターンして返ってくる。
勘太郎―
じゃあ、色んな自殺を試す。でも僕、ターンして一番いやだと思うのは、沖縄まで行こうとドライブしている途中で、たどり着く前にターンしたりすると、いつまでもたどり着けなくてすごく悔しいと思う。
里穂― 私はかなりパニックに陥ると思います。真希は一人で寂しいと思うこともあれば、一人の時を楽しもうとするときもあり、あの異常事態の中でも、前向きに一生懸命生きているけど、私だったら頑張れるかな、と考えることがありました。もしかしたら、頑張れないかもしれない、と思うんです。
勘太郎― 僕、真希がすごい人だと思うのは無人の店でちゃんとお金払ってるとこ。
里穂― 私もあれは意外でしたけど、あの筋の通し方が真希らしさなんですよね。
▲TOPへ


映画Turnの魅力

勘太郎― この映画って単なる“恋愛もの”じゃないところがすごい魅力だと思う。
里穂― 男女、というより人間的な愛ですよね。役に入るにあたり監督といろいろなパターンを考えてみたんですけど。「意識が戻ったあと、洋平とつきあうと思う?」って聞かれて、「つきあわないと思う」って答えたら、監督も「僕もそう思う」って。
勘太郎― 僕、この異常事態ともいえる状況の中で、人はどんな風に自分の時間を重ねて行くんだろう、ということをすごく考えさせられました。
里穂― そんなに今の自分が不幸でもないし、不満もなく、どちらかというと幸せだと思う毎日があって、でも、何となく違うな、これからどうなるんだろう、このままでいいんだろうか、という瞬間もあることは事実で、そういう不安に感じるところに共感出来ました。
勘太郎― それと、新宿のシーンはすごいですね。“明け方”とかいうのではなく、人が動いている“昼間”の新宿で、真希以外誰もいないシーン。コンピューターグラフィックの手法も使っているらしいですけど、あれは感動というか、びっくりしました。真希の孤独がひしひしと伝わってきました。
里穂― “たった一人の世界”ということで、この東京で人が全くいない状況を作る大変さ、スタッフの方の苦労がわかりました。また、私自身はそれを待っている間ずっと同じテンションを維持しなくてはいけなかったので、大変でした。でも完成した映画を観て、感動しました。映像の力の凄さを感じました。ということで、北村薫さんの二人称の不思議な原作「ターン」が、平山秀幸監督により見事に映画化されました。毎日が同じことの繰り返し、と嘆いている世の老若男女達に、自分の力でちゃんと違う明日になるんだ!と気持ちを駆り立てる映画です。

▲TOPへ