ターン

イントロダクション

ストーリー

キャスト

スタッフ

牧瀬×勘太郎(対談)

予告編

リンク

私たちがお勧めします

イントロダクション
モントリオール世界映画祭国際批評家連盟賞、日本アカデミー賞最優秀作品賞など各賞を総なめにした『愛を乞うひと』の平山秀幸監督の最新作「ターン」が完成した。次回作を待ち望んでいた人々の期待を一身に集めた本作は、それを裏切らない出来上がり。原作は北村薫による〈時と人三部作〉の2作目で、最近3作目「リセット」が出版されたばかりの話題作。

牧瀬 牧瀬&倍賞 牧瀬
主役の真希は『東京上空いらっしゃいませ』『つぐみ』の牧瀬里穂が、27歳の普通の女性が経験する日常と非日常との間の揺れ動きを見事に演じている。相手役の洋平には歌舞伎役者の中村勘太郎が映画初出演。みずみずしくピュアな演技を披露している。そして、真希の母を倍賞美津子が演じ、説得力ある演技で映画を支えている。 牧瀬(背景)