ターン

イントロダクション

ストーリー

キャスト

スタッフ

牧瀬×勘太郎(対談)

予告編

リンク

私たちがお勧めします

キャスト
牧瀬里穂 中村勘太郎 倍賞美津子 北村一樹 柄本明 川原亜矢子 松金よね子 小日向文世

牧瀬里穂

真希(牧瀬里穂)

1971年12月17日福岡県福岡市生まれ。
90年に相米慎二監督作『東京上空いらっしゃいませ』で映画デビュー。吉本ばなな原作を映画化した市川準監督作『つぐみ』(90)と併せて、キネマ旬報賞、ブルー・リボン賞、毎日映画コンクール、報知映画賞、日刊スポーツ映画大賞、ヨコハマ映画祭、おおさか映画祭、山路ふみ子賞など15の新人賞を軒並み受賞すると同時に日本アカデミー賞主演女優賞も獲得。また、92年の神山征二郎監督作『遠き落日』では日本アカデミー賞優秀助演女優賞を受賞している。

テレビも横溝正史シリーズ『悪魔の手毬歌』他 6作品(90〜97)、TV初主演となった『二十歳の約束』(92)、三蔵法師役を演じた『西遊記』(94)などに主演、最新作は『北条時宗』(01)。舞台も、つかこうへい作・演出「飛龍伝`92」(92)、宮本亜門演出の音楽劇「狸御殿」(96)、杉村春子主演の「晩菊」(96)、蜷川「カルメンと呼ばれた女」(97)、野田秀樹演出「Right Eye」(98/99)などに出演、2001年は福岡博多座にて「ロミオとジュリエット」に主演した。

91年には竹内まりや作詞・作曲によるファースト・シングル“Miracle Love”を発表、レコードデビューを飾り、新人として50万枚を売り上げ、記録をつくる。93年には全国5ヶ所でファーストコンサート“P.S. RIHO”ツアー。そのほか、ラジオ、CMや、日本レコード大賞などの司会と幅広いジャンルで活躍を続けている。

▲TOPへ

中村勘太郎

泉 洋平(中村勘太郎)

1981年10月31日生まれ。85年に歌舞伎座の「盛綱陣屋」小三郎役で初御目見得。86年に「門出二人桃太郎」で二代目中村勘太郎を名乗り初舞台。92年には「連獅子」で父の勘九郎と共演。95年には初の現代劇「スタンド・バイ・ミー」に出演。以降は、96年に「乱」、99年に「眠り王」(2001年にも出演)、2000年に「ご存じ浅草パラダイス」「ヴィヤージュ〜船上の謝肉祭」、2001年に「一條大蔵譚」「コクーン歌舞伎・三人吉三」など様々な舞台を踏む。本作で映画初出演を果たした。その他、TVドラマ・バラエティなど多岐にわたって活躍。

▲TOPへ

倍賞美津子

真希の母(倍賞美津子)

1946年11月22日生まれ。62年松竹舞踊音楽学校入学。65年にSKDに入団。68年に松竹映画に入社。69年に五社英雄監督作『人斬り』で映画デビュー。以降は、森崎東監督作『喜劇・女は度胸』(69)、加藤泰監督作『人生劇場』(72)、『宮本武蔵』(73)、『江戸川乱歩の陰獣』(77)、今村昌平監督作ではブルーリボン賞助演女優賞受賞の『復讐するは我にあり』(79)、日本アカデミー賞助演女優賞受賞の『楢山節考』(83)などに出演。

また、86年に神代辰巳監督作『恋文』(85)で毎日映画コンクールとキネマ旬報賞主演女優賞、アカデミー賞最優秀主演女優賞、ヨコハマ映画祭特別大賞を受賞、98年には市川準監督作『東京夜曲』(97)と今村昌平監督作『うなぎ』(97)で報知映画賞、毎日映画コンクール、キネマ旬報、ブルーリボン賞、日本アカデミー賞の助演女優賞を獲得している。

ほかに、新藤兼人監督作『竹山ひとり旅』(77)、降旗康男監督作『冬の華』(78)、黒澤明監督作『影武者』(80)、『夢』(90)、報知映画賞と日本アカデミー賞助演女優賞受賞の五社英雄監督作『陽暉楼』(83)、石井聰亙監督作『逆噴射家族』(84)、神代辰巳監督作『離婚しない女』(86)、崔洋一監督作『友よ、静かに暝れ』(85)、新城卓監督作『秘祭』(96)、松井久子監督作『ユキエ』(97)など様々な名匠の幅広いジャンルの作品に出演している。テレビ、舞台でも活躍を続けている。映画最新作に、2001年カンヌ国際映画祭に正式出品された今村昌平監督作『赤い橋の下のぬるい水』(01)、五木寛之原作を映画化する神山征二郎監督作『大河の一滴』(01)など。

▲TOPへ

北村一樹

柿崎(北村一樹)

1969年7月17日生まれ。96年サトウトシキ監督作『LUNATIC』で映画デビュー。以降は、望月六郎監督作『鬼火』(97)、『無国籍男 血の収穫』(97)、『皆月』(99)、『弱虫チンピラ』(00)、小林政広監督作『CLOSING TIME』(97)、『海賊版:BOOTLEG FILM』(99)、三池崇史監督作『喧嘩の花道』(96/V)、『岸和田少年愚連隊』(97)、『フルメタル極道』(97/V)、『日本黒社会LEY LINES』(99)、渡辺武監督作『新・悲しきヒットマンII』(97/V)、『蘇る金狼』(98)、『岸和田少年愚連隊/岸和田少年野球団』(00)、小松隆志監督作『JOKER』(98)、和田勉監督作『完全なる飼育』(99)、きうちかずひろ監督作『共犯者』(99)、和泉聖治監督作『きりとりブルース 新・極道渡世の素敵な面々』(99)、石井隆監督作『フリーズ・ミー』(00)、横山浩幸監督作『祭りの鳥』(00)、行定勲監督作『ひまわり』(00)、広田レオナ監督作『DRUG GARDEN』(00)、前田哲監督作『SWING MAN』(00)、竹中直人監督作『連弾』(00)など、現代を代表する俊英監督、新進監督にひっぱりだこの活躍ぶりを見せている。テレビドラマの出演も多く、ほかにCM、舞台で活躍している。映画最新作は2001年ゆうばりファンタスティック映画祭に出品された鈴井貴之監督作『マンホールman―hole』(01)。

▲TOPへ

柄本明

松原(柄本明)

1948年11月3日東京都生まれ。自由劇場を経て、77年に東京乾電池を結成。89年には平山監督作『マリアの胃袋』に出演、91年には薬師寺光幸監督作『幕末純情伝』で牧瀬里穂と共演している。98年には今村昌平監督作『カンゾー先生』で報知映画賞、日刊スポーツ映画大賞、キネマ旬報賞で主演男優賞、日本アカデミー賞で最優秀主演男優賞を受賞している。また、93年には『空がこんなに青いわけない』で初監督に挑戦した。

主な出演作に、山本晋也監督作『下落合焼鳥ムービー』(79)、大森一樹監督作『ヒポクラテスたち』(80)、相米慎二監督作『セーラー服と機関銃』(81)、『風花』(00)、深作欣二監督作『道頓堀川』(82)、『キネマの天地』(86)、野村芳太郎監督作『疑惑』(82)、三村晴彦監督作『天城越え』(83)、藤田敏八監督作『ダブルベッド』(83)、池広一夫監督作『化粧』(84)、森崎東監督作『ロケーション』(84)、鈴木清順監督作『カポネ大いに泣く』(85)、井筒和幸監督作『二代目はクリスチャン』(85)、『釣りバカ日誌8』(96)、滝田洋二郎監督作『木村家の人々』(88)、佐藤純彌監督作『敦煌』(88)、和田勉監督作『ハリマオ』(89)、大澤豊監督作『遥かなる甲子園』(90)、本田昌広監督作『良いおっぱい悪いおっぱい』(90)、『MANHATTAN KISS』(92)、周防正行監督作『Shall We ダンス?』(96)、大河原孝夫監督作『誘拐』(97)、今村昌平監督作『うなぎ』(97)、池田敏春監督作『鍵』(97)、新藤兼人監督作『生きたい』(98)、小林政広監督作『海賊版―BOOTLEG FILM』(99)、飯田譲治監督作『アナザヘヴン』(00)など多数あり、舞台、CM、テレビドラマなど幅広く活躍している。

▲TOPへ

川原亜矢子

ゆかり(川原亜矢子)

1971年4月5日大阪府生まれ。88年にmcシスターの専属モデルとしてデビュー。90年春にzuccaでパリ・コレクション・デビュー、帰国後は東京コレクションに参加。91年に渡仏。以降は、パリ・コレクション、東京コレクションで活躍、94年にはニューヨーク、ミラノにも活動の場を広げる。映画は89年に吉本ばなな原作「キッチン」を、森田芳光が映画化した『キッチン』で主演しデビューを飾る。同作で、日本アカデミー賞、ブルーリボン賞、毎日映画コンクールなど7つの新人賞を獲得した。以降は宮本亜門監督作『BEAT』(98)、井坂聡監督作『ダブルス』(00)に出演。自らの体験をベースにファッションや美容、ライフスタイルについて綴った「シンプルビューティー」は発売から2ケ月で25万部突破、2001年のベストセラーとなった。モデル、映画、テレビ、ラジオ、出版、CD、CMなど幅広いジャンルでマルチ・プレイヤーとして活躍をみせる。

▲TOPへ

松金よね子

1949年10月22日東京都生まれ。テアトル・エコーを経て、東京乾電池に至る。81年に第16回紀伊国屋演劇賞受賞。91年に薬師寺光幸監督作『幕末純情伝』で牧瀬里穂と共演、92年には平山監督作『ザ・中学教師』に出演している。映画は83年に森田芳光監督作『家族ゲーム』でデビュー。以降、原田真人監督作『さらば愛しき人よ』(87)、山田洋次監督作『男はつらいよ/寅次郎の縁談』(93)、『虹をつかむ男』(97)、『学校II』(98)、朝間義隆監督作『スペインからの手紙』(93)、北野武監督作『みんなやってるか』(94)、石井克人監督作『パーティー7』(00)などに出演。テレビ、舞台などの出演も数多い。

▲TOPへ

小日向文世

小日向文世

1954年1月23日北海道生まれ。東京写真専門学校を卒業後、77年にオンシアター自由劇場入団。串田和美演出「魔人遁走曲」、佐藤信監督演出「ハムレット」で主役を演じ、96年同劇団解散まで中核的存在として活躍する。解散後は映画、テレビと活動の場を広げ、2000年12月から放送のBSフジの話題のシチュエーションコメディ連続ドラマ「JJママ!」では、パパ役でレギュラー出演。さらに、2001年公開の富樫森監督作『非・バランス』では哀しい“オカマ“役で初主演を務め、2001年フジTVの正月連続ドラマ「HERO」では、明るい中年事務官“松次“役を好演、話題を集める。映画出演作に、原田和夫監督作『上海パンスキング』(88)、萩本欽一監督作『シネマジャック・なんかへん』(94)、小栗康平監督作『眠る男』(96)、三枝健起監督作『MISTY』(96)、黒沢清監督作『復讐―運命の訪問者』(96)、伊丹十三監督作『マルタイの女』(97)、平山秀幸監督作『愛を乞うひと』(98)、中田秀夫監督作『リング2』(99)、相米慎二監督作『風花』(00)、中田秀夫監督作『ラストシーン』(01)などがある。舞台、テレビ出演多数。

▲TOPへ